現在の展覧会|伊賀

VOL.101_LIFESTYLE CRAFTS_GROUP EXHIBITION

生活工芸展

会期 2017年3月18日(土)〜 4月9日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
場所 gallery yamahon
作家在廊日 3月18日(土)
出展作家 安藤雅信、猪狩史幸、井山三希子、岩本忠美、内田鋼一、大谷哲也、金森正起、川合優、紀平佳丈、城進、つちや織物所、辻和美、津田清和、富井貴志、東浩章、細川由紀子 三谷龍二、安永正臣、山田洋次

GROUP EXHIBITION: LIFESTYLE CRAFTS

MAR. 18, - APR. 9, 2017

Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon
Masanobu Ando, Masayuki Igari, Mikiko Iyama, Tadami Iwamoto, Koichi Uchida, Tetsuya Otani, Masaki Kanamori, Masaru Kawai, Yoshitake Kihira, Susumu Joh, Tsuchiya Textile, Kazumi Tsuj, Kiyokazy Tsuda, Takashi Tomii, Hiroaki Azumia, Yukiko Hosokawa, Ryuji Mitani, Masaomi Yasunaga, Yoji Yamada


◉ トークイベント「生活工芸の思想」

日時  3月18日(土)※参加費無料

司会:山本忠臣

1. 言葉の誕生とその背景安藤雅信 辻和美 三谷龍二11:30〜12:30
2. 生活工芸とは川合優 安永正臣13:00〜13:45
3. 器とオブジェ内田鋼一 三谷龍二 14:00〜14:45
4. 工芸と社会の関わり  菅野康晴(工芸青花)森岡督行(森岡書店)15:00〜15:45
5. 生活工芸のこれから安藤雅信 内田鋼一 辻和美16:00〜16:45
生活工芸とは何か。この問いにはっきりと答えられる人は少ないだろう。生活工芸という言葉は2010年に金沢で開催された生活工芸プロジェクトで初めて公に使われた。金沢では 3 回、その後に高松に場所を移し催された生活工芸祭が2回と生活工芸と冠した展観は 5 回だけにもかかわらず、工芸が暮らしや生活に直接的に繋がるイメージと、人気を博する作家の影響力もあり、瞬く間に「生活工芸」という言葉は作り手を初め、一般的にも広く知られるようになった。新たな工芸のカテゴリーとして生活工芸作家、生活工芸派という括りで使われることも多く、それぞれのイメージだけで語られてしまう「生活工芸」に疑問を持ち、この言葉の芯がどこにあるのかを考え続けてきた。

生活工芸の背景にあるのは1990年代~2010年代にかけての新しい工芸の動きである。この動向が生活工芸であるが、すでに30年ほどが経つ中で、生活工芸という言葉自体は知るものの、時代の移り変わりが加速する今日においてすでに見えなくなってしまっていることがあるように思える。そもそも生活工芸は芸術運動ではなく、思想・定義・リーダー・組織を持たずに自然発生した。90年代桃山復興の流れを汲む古窯産地をバックボーンとした陶芸家や、民藝の流れを継承する工芸家が、個性や芸術性を表現した工芸品を制作するのを横目に、ある意味では個人的で、また誰もが営む「生活」を軸として、生活者の感覚と実感を自分の作品に投影した物造りを歩み始めた作り手がいた。

彼らが生活を見つめた背景には、物が溢れ、多くの人々が浮かれていたバブル時代があり、本当の満足を得ることのできなかった虚しさに似た実感があるからだろう。こうした状況下で生活工芸は動き始めた。個々の小さな生活を深く見つめた作家活動は、今の暮らしに似合う軽やかな器となり、やがて多くの人の暮らしの中に溶け込んだ。ここで見落としてはならないのはこうした作り手が自らの感覚や実感を強く信じ、そしてその不確かかも知れない道を歩み続けた強さである。伝統という言葉が既得権益ともなる工芸界において、現状に至るには容易な道ではなかっただろう。そして今、彼らの小さな作家活動は生活工芸という言葉となり、作り手や使い手に伝わった。ただ安易に流行りを追い古典を模写することなく、自らの作品を深く見つめ直した彼らのものづくりの根源は、美術館ではなく日々を営む生活の中にあった。生活工芸という言葉の芯を少しずつ明らかにしていくことは幅広く豊かな工芸の世界にまた一つの広がりと豊かさを与えることに繋がるだろう。

『生活者の感覚、使い手の視点を持つことで、新たに見えてくるものがあった。それは独り善がりでない、生活者のリアリティーに根ざした工芸、暮らしに寄り添う、そうした工芸のあり方に僕たちは価値を見つけ、ここ30年ぐらいをかけて、その世界を開いてきたのだと思う。僕たちは特別であることより、普通であることを、華美であることより、素形であることを大切にした。素描がたくさんの線の中から一本を選びきることで線の強さを獲得するように、かたちを選びきることで、強さが生まれると信じた。僕たちにとっての「普通」とは、そうした強さを背後に持つものだった。三谷龍二「物と人」』

What is “Lifestyle Craft*”? *Lifestyle Crafts “Seikatsu-Kogei in Japanese” is a word, which has been used to indicate specific crafts that has been made from 1990s to 2010s by specific craft artists.
Presumably, few people would answer this question. The word “Seikatsu-Kogei” was used in 2010 at the first time when Seikatsu-Kogei Project was held in Kanazawa. Even though the exhibitions that named “Seikatsu-Kogei” were only five, which was held three times in Kanazawa, two times in Kochi, the word was getting known widely not only by crafts artists, but also by the public, and this is because, in addition to the effect by popular crafts artists, crafts are familiar to our daily life. Since the word has been used as obscure meaning with no definition, I have been thinking what meaning does the core of this word have.
Although the word itself is known nowadays since “Seikatsu-Kogei” was occurred, it seems there is something important that we are missing. First of all, “Seikatsu-Kogei” was spontaneous idea without any philosophy, definition, leader, or organization. Even though many potters, who respected traditional pottery, or craftsmen, who was descended from folk crafts, created works expressing their originality or artistic quality, there were a few people, who made works focusing on their life
I would say that the favorable business conditions named bubble economy in 1980s affected those people who felt emptiness in spite of the abundant in everything. Craft artists made works focusing on their daily life, and that made tableware fitting to modern life, and eventually that tableware has been used to daily life of people. The important thing is that craft artists have believed their sense and continued making their works for uncertain future. It might be not easy for them to have been doing that in the crafts industry that being traditional makes benefit. And now their steady works made the word “Seikatsu-Kogei”, which is known by many craft artists and public.
Their works are not based on museum standard, but on their daily life standard, therefore they haven’t followed fashion or copied old things, but stayed being one of users and reconsidered their works.
I believe that understanding what meaning the word “Seikatsu-Kogei” has will deepen and widen the world of crafts.


2017 SCHEDULE|ギャラリーやまほん

vol.102 ヒムカシ展 2017年 4月15日(土)〜 5月7日(日)
vol.103 植松永次展 2017年 5月13日(土)〜 5月28日(日)
vol.104 夏の器展 2017年 6月3日(土)〜 7月2日(日)
vol.105 安藤郁子展 2017年 7月8日(土)〜 7月30日(日)
常設展示 2017年 8月4日(金)〜 8月31日(木)
vol.106 静物としての工芸展 2017年 9月9日(土)〜 10月1日(日)
vol.107 福森雅武・土楽展 2017年 10月7日(土)〜 10月29日(日)
vol.108 望月通陽展 2017年 11月4日(土)〜 11月26日(日)
※ 上記日程は予定です。 予告なく変更する可能性もあります。