モノトヒト 90days shop

モノトヒト 90days shop

金沢の「生活工芸プロジェクト」が主催する期間限定ショップ「モノトヒト」に参加することになりました。お近くの方は是非、足をお運びください。

gallery yamahon[ K A R U M I ]Exhibition

会期 Ⅰ部 2015年7月3日(金)〜 8月9日(日)
赤木明登・安藤雅信・安藤郁子・井山三希子・岩田圭介・井上美樹・内田鋼一・大谷哲也・川合優・杉田明彦・辻和美・ヒムカシ製図・古谷宣幸・福森雅武・三谷龍二・ 望月通陽・山田洋次・吉田佳道

Ⅱ部 2015年8月11日(火)〜 9月27日(日)
荒井智哉・岩本忠美・岩谷雪子・植松永次・大村剛・梶なゝ子・金森正起・岸野寛・城進・新宮州三・佃眞吾・辻村唯・津田清和・富井貴志・中里隆・安永正臣・横山秀樹

開廊時間 11:00 〜 18:00
休廊日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
場所 〒920-0962 石川県金沢市広坂1丁目2-20
URL http://www.seikatsu-kogei.com

松尾芭蕉は「侘び茶」の精神を継承し、深川の草庵における貧寒の生活の中から
「侘び」を俳諧に生かし、蕉風俳諧を樹立しました。
その芭蕉が晩年に到達した理念に「軽み」という言葉があります。
日常の生活の中に詩を見出し、平明な言葉で表現する道を模索した芭蕉は
身辺のさりげない事象をきっかけにし、心のリズムと表現のリズムを重ね合わせ
自然や人生への深みへと人々を誘いました。

日本の工芸においても太古より変わることのない用途を担う器物に
時代ごとの新味が与え続けられることにより
暮らしの中で器は人々の心を魅了してきたと思います。
「軽み」という理念もまた工芸の世界に深く受け継がれているのです。


Basho Matsuo took over the spirit of "Wabicha" and established Basho Style Haikai by taking
Wabi into Haikai from the poor life at Soan in Fukagawa.
He'd gotten an idea of "Karumi" which means lightness as he'd matured.
Basho found out poetry in daily life and looked for how can he express it in easy and plain words,
and he tempted throw-away occurrence of daily life to the depth of nature and life, joining his mind with his expression.

Japanese craft have given contemporary novelty to potter's ware which have invariable use from time immemorial,
and they have attracted us in daily life.
The idea of "Karumi" also have been taken over in the world of Japanese craft.


 ◉ トークイベント 1 「生活工芸のこれから」

日時 7月3日(金) 15:00 〜 17:00 
パネリスト
赤木明登(塗師)× 鞍田崇(哲学者)× 山本忠臣(gallery yamahon 代表)× 辻和美(硝子作家)


◉ トークイベント 2 「40代の作り手が今、考えていること」 

日時   8月8日(土) 15:00 〜 17:00
パネリスト
金森正起(金属作家)× 岸野寛(陶芸家)× 富井貴志(木工家)× 津田清和(硝子作家) × 新宮州三(木工家)

進行役
山本忠臣(gallery yamahon 代表) 辻和美(硝子作家)


<お申し込み>

会場/金沢クラフトビジネス創造機構レクチャールーム
住所/石川県金沢市香林坊2-4-30(香林坊ラモーダ8F)
定員/各50名 ※要予約
参加費/無料
お申し込み先
金沢クラフトビジネス創造機構 TEL:076-265-5107 FAX:076-265-5108
E-mail : info@kanazawacraft.jp