岩本忠美 展のご案内

岩本忠美 展のご案内

VOL.93_Tadami Iwamoto_Exhibition

岩本忠美 木工藝展

会期 2016年1月9日(土)〜 2月21日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
場所 gallery yamahon
作家在廊日 初日 1月9日(土)・16日(土)

Tadami Iwamoto: Woodworks

January 9, 2016- February 21
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon


今年、第一回目の展覧会は三重県津市にて木の器を制作する岩本忠美の展覧会を開催致します。木工の加工方法を大きく分けると指物(さしもの)・挽物(ひきもの)・曲物(まげもの)・刳物(くりもの)に分けられます。指物はお重などに見られる板を差し合わせて作られる技法、挽物は木材を木工旋盤で回転させて椀などをつくる技法、曲物は薄く削り取った材を円形に曲げ、合せ目を樺・桜の皮などで綴じる技法、鑿(のみ)や鉋(かんな)などを用い、木片をくりぬいて作る刳物という技法ですが、岩本さんが作る重箱や椀などのすべての器はこの刳物で制作されています。岩本さんは時間をかけて、器を削り出します。そして柔らかで落ち着きのある自身の形に作り上げられます。その器は木がまだ森に立っていた時の温かな温度さえ感じられるような気がしてくるから不思議です。「木をどのように見て、どのように活かすか。」岩本さんが大切にしている言葉です。漆で覆うことは一見すると木を活かしていないようにも思えますが、岩本さん自身は日常生活で長く使えることもまた木を活かすことだと考え、独学で漆を学び、独特なマットな風合いで仕上げられます。17 年間、日本伝統工芸展にも出品されていますが、出品作品も日常の器も岩本さんにとっては同じ「自分が木をどう活かすか」という木との真摯な対峙の中で物が作られているのだろう。本展では日常使いの椀・盆・酒器・重箱などの新作が揃います。ご高覧いただけると幸いです。

The first exhibition in 2016 is Tadami Iwamoto’s woodworks made in Tsu City, Mie. There are several methods of woodworks in Japan: Sashimono, Hikimono, Magemono, and Kurimono. Sashimono is made by sticking wooden pieces together without using nails. Hikimono is made by using a wheel. Magemono is made by bending thin shaved wood. And Kurimono is made by hollowing out a wood with a chisel and plane. His works are all made with a Kurimono method. He takes time to hollow out, and finishes his works in shape with softness and repose. Somehow, from his works, we feel the wood keeping warmth as it was still standing in forest. He says it is important to how well observe wood and how to maximize their features. Using lacquer on his works seems he doesn’t make use of them, however, he thinks it is the way to use his works longer to cover them with lacquer, so he learned the skill of lacquer by himself and finishes his works into distinctive and mat texture. Although his works have been exhibited at Japanese Traditional Crafts Exhibition for 17 years, he says the exhibited works and the works made for daily use are same. He just sincerely faces the materials and his works are processed with his belief. We will exhibit his latest works such as bowls, trays, sake vessels, and sets of layered boxes.



PROFILE

岩本忠美 Tadami Iwamoto
1959三重県津市生まれ
1978サラリーマンとして8年半ほど働きながら、職人の手仕事に興味を持ち鈴鹿の伊勢型紙や大阪の硝子細工、京都の御所人形などの様々な工房を訪ね歩く。高山のオークビレッジなどの木工所などにも尋ねる。
1988長野県松本技術専門校修了後、松本市の家具工房で働く。
1992 津市にて独立。
新築住宅の造り付け家具や注文家具などの中心に制作し、余った端材で器を作り出す
1999伝統工芸展に出展。
2005ギャラリーなどで器の販売を始める。
2012うつわ京都やまほんにて個展
2014一年間、創作活動休止する。その後再開する。
日本工芸会正会員