望月通陽展 - 線の領分 -のご案内

望月通陽展 - 線の領分 -のご案内

VOL.107_Michiaki Mochizuki_Exhibition

望月通陽展 線の領分

会期 2017年11月11日(土)〜 12月3日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
場所 gallery yamahon
作家在廊日 初日11月11日(土)

Michiaki Mochizuki_Exhibition

Nov. 11, - Dec. 3, 2017
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon

本展では造形作家、望月通陽の筒描作品を中心とした新作展を開催致します。
筒描とは染め(染色)に用いられる技法で筒に米糊を入れ、先端の筒金から少しずつ絞り出し、糊置きをして防染した後、藍で生地を染め、糊が置かれたところだけが染まらず文様として現わす手法です。

DM表面「The Prodigal Son」は布ではなく和紙素材に藍で染められていますが、望月氏のこうした筒描の仕事は下書きを一切せず、一気に描かれます。迷いなく一筆で描かれた人物の表情の豊かさには目を奪われます。

人物のモチーフは型染に始まる染色の仕事はもちろんのことガラス絵、木彫、陶、金属など様々な素材と技法で表現されていますが、今回の作品は以前の人物作品よりもより豊かな表情に感じられます。

また本展では2014年から今年にかけて信楽で製作して頂いた絵皿や陶板も多数、発表頂きます。白マットの釉薬に呉須で描かれた線画、薄く伸ばした粘土板を貼り合わせた陶版とどちらもシンプルな製作方法で、あっという間に描かれる線や即興的にカットする作業ゆえに絵心ある作品が生まれました。積み重ねられた造形力とこだわりのない純粋な精神が生み出す新鮮な空気感。

The Prodigal Son(放蕩息子)が目を輝かせ、何か楽しげに夢想する姿は作家の自画像にも見受けられます。日々、製作に没頭する望月通陽氏の最新展をどうぞご高覧下さい。

In this exhibition, we will have mainly new Tsutsugaki works of Michiaki Mochizuki. Tsutsugaki is a technique used for dyeing that involves drawing with rice-paste designs on cloth, dyeing the cloth with indigo, and then washing off the rice-paste. The paste is applied through a tube, which is called tsutsu in Japanese that is the technique name comes from.
The work on the picture "The Prodigal Son" is not cloth but indigo dyed Japanese paper. For the drawing Michiaki Mochizuki does not write any draft, it is drawn at a stretch. The richness of the expression of a person drawn with a single stroke without hesitation is impressing. Various materials and techniques such as dying, glass painting, woodcarving, ceramics, metal, represent the motif of a person. Works of this time seem to have a richer expression than the former works.
In this exhibition, we will also present painting dishes and ceramic pates, which were made in Shigaraki from 2014 until this year. Drawing painted with cobalt oxide in the white matte glaze, on thinly stretched clay board pasted, both simple production method. An emotional work was born due to the drawing lines and the work of cutting improvisedly the clay. A fresh air feeling created by an experienced skill of molding and a pure mind.
“The Prodigal Son” makeing eyes shining and dreaming something happily can be seen in the self-portrait of the artist.

gallery yamahon 山本 忠臣


RESTAURANT RUSTIQUEのランチ

日時 2017年11月11日(土)
Ⅰ部 11:30 - 13:00(満席)
II部 13:30 - 15:00 (満席)(各 20 名)
場所 カフェノカ
料金 3500円(税抜) ※要予約
  • オードブル
  • ビーフシチュー
  • デザート
  • 自家製パン
  • オーガニックコーヒー

初日11日(土)には望月さんがロゴマークを手掛けられたフランス料理店、『レストラン ルスティク』のスペシャルランチをお愉しみ頂けます。シェフ樺井さんに京都府京田辺市から駆けつけて頂き、 辻静雄食文化賞を受賞した生産者が育てた貴重な阿蘇のあか牛の肉を使ったビーフシチューのコースをご用意して頂きます。展覧会と合わせてどうぞご堪能ください。
http://restaurant-rustique.com

予約先 TEL/FAX 0595-44-1911
MAIL: info@gallery-yamahon.com




PROFILE

望月通陽/Michiaki Mochizuki

1953静岡生まれ
染色、陶芸、ガラス絵、紙版画、リトグラフ、木彫、ブロンズなど、多様な手法を用いて 独自の作品世界を築いている。「宮本輝全集(全14巻)」など装幀も多く手がけ、 ’95年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。 画文集「道に降りた散歩家」で’01年ボローニア国際児童図書展賞次席受賞。 作品集に『円周の羊』など。
2007、2010、2014ギャラリーやまほんにて個展開催

望月通陽の作品一覧