金森正起 展 金属の表情

金森正起 展 金属の表情

VOL.122_Masaki Kanamori: Metal Works

金森正起 展 金属の表情

会期 2019年9月14日(土)〜 10月6日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
場所 gallery yamahon
作家在廊日 9月14日(土)

Masaki Kanamori: Metal Works

Sept. 14, - Oct. 6, 2019
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon


金属という素材も陶磁器と同じように古い歴史を持つ。鉄は道具を作る用材として鉄器時代を形成し、現在においても包丁などの刃物に始まり、家電や車、鉄道のレール、鉄筋や鉄骨などの建築物の構造用部材と例をあげれば枚挙にいとまがないほど日常に溢れている。それ故、改めて意識することもないが、金森さんの作品に触れているとなぜか不思議と静かに伝わってくる美しさがある。形から感じる魅力ももちろんだが、何より作り手である金森さん自身が感じた感動がそのまま作品から伝わってくるようで、その感覚に静かに心を奪われる。量産の琺瑯容器がまだ手作業で作られていた頃のアバウトな感覚、今日は目にすることもない錆びついた路傍のジュース缶。日々の生活の中で見落としてしまいそうな小さな美しさや儚さを拾い上げ、自身が作るうつわにそっと吹き込む。現代社会では置き去りにされた柔らかな感性をこの素朴な鉄の器が教えてくれる。三年ぶりの展覧会となります。どうぞご高覧下さい。

店主 山本忠臣


As a material, iron has a long history like pottery. Iron defined an epoch called Iron Age as a material to make tools, and even today it is still an important material to make knives, electrical appliances, cars, rails, construction materials and so on. Therefore, we are not consciously aware of it, but Masaki Kanamori’s works make us realize the beauty of iron. It’s not only the attraction for the shape; we can also feel directly in his works how he is impressed by iron himself. Sense of unevenness that enamel container had when the mass production was still made by hand. These days we rarely see a rusted empty can by the roadside. He picks up these kind of small beauty and faint things that we could miss in our daily lives, and he gently infuses it in his works. His simple ironware teaches us the soft sensibility left behind in the modern society. It’s been three years from the last exhibition. We hope you all will enjoy the exhibition.

 

PROFILE

金森正起 MASAKI KANAMORI
1975名古屋生まれ
1998愛知、岐阜に現存していた野鍛冶を巡りはじめる
何かを作りたくていろいろな作り手を訪ねているうちに鉄の仕事に出会う
2001松岡信夫氏(鉄の造形家)に弟子入りする
2016gallery yamahonにて初個展

金森正起の作品一覧