城 進 展 普段使いの器

城 進 展 普段使いの器

VOL.125_Susumu Jo: Pottery

城 進 展 普段使いの器

会期 2020年1月4日(土)〜 1月26日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
場所 gallery yamahon
作家在廊日 1月4日(土)、5日(日)

Susumu jo: Pottery

Dec. 4, - Dec. 26, 2020
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon


伊賀の地で作陶する城進の陶磁器展を開催致します。城進の器は日常の器として使い勝手の良さに定評があります。大阪市で生まれた城はアジアを中心に旅し、これまで海外50カ国の土地を訪れ、その感性を育んできました。中でもアフリカで出会った泥染紋様に惹かれ、その空気感をモチーフに鉄彩シリーズが生まれます。本展ではその鉄彩文様の花器や大ぶりなポットや急須、そしてお米が美味しく炊ける炊飯土鍋と普段の食卓で活躍する器を多数出展頂きます。窯を築き、暮らす地元、伊賀市では初個展となります。どうぞご高覧ください。

We are pleased to hold the exhibition of Susumu Jo who makes pottery in Iga, Mie Prefecture. The vessel of Susumu Jo has a reputation that is easy to use in daily life. He was born in Osaka; afterward he traveled in more than 50 countries mainly in Asia and nurtured its sensitivity. He was inspired by mud dying fabrics that he saw in Africa while traveling, and patterned pottery series is motif of it. In this exhibition, we will show his patterned pottery series, vases, teapots and rice cookers in which rice can be deliciously cooked. This is his first solo exhibition in Iga, the region where he fires his works and lives. Please come to have a look.



PROFILE

城進 Susumu Jo
1971大阪生まれ
1995京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻 卒業
2000までに 世界50カ国を旅する
現在三重県伊賀で作陶
東京ラ・ロンダジル、KOHORO
滋賀ギャラリー・マンマミーアなどで個展
2012 2014 2015 2018 京都やまほんにて個展

城進の作品一覧