中野知昭展 上塗り師の仕事

中野知昭展 上塗り師の仕事

VOL.126_Tomoaki Nakano: Lacquerware

中野知昭展 上塗り師の仕事

会期 2020年2月8日(土)〜 3月1日(日)
※2月11日(火・祝)は営業いたします
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
場所 gallery yamahon
作家在廊日 2月8日(土)

Tomoaki Nakano: Lacquerware

Feb. 8, - Mar. 1, 2020
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon


福井県鯖江市にて漆器を制作する中野知昭さんの展覧会を開催します。業務用漆器の産地として知られる鯖江市で上塗り職人としてその腕を磨いた中野さん。卓抜した上塗りの技術はリズミカルな手際の良さがそのまま器に投影され、美しさとなります。幾重にも重ねられ、堅牢に仕上げられた器は何十年とお使いいただけ、時を経るごとで味わい深く、趣のあるものとなり、生涯使い続けることが出来る物です。本展では汁椀から盆など日常使いの漆器が多数、並びます。 伊賀のgallery yamahonでは初めての個展となります。どうぞご高覧ください。

Tomoaki Nakano, who works in Sabae, Fukui.His reputation as a skillful top coating lacquer craftsman is well known. He has learnt the beauty of his pieces finish in Sabae, famous place for lacqueware production. The light and rhythmic ware of Tomoaki Nakano are suitable for everyday use. By choosing the right wood with a careful coating, robust wooden vessels are made. It will be his first solo exhibition at gallery yamahon.



PROFILE

中野知昭 Tomoaki Nakano
1975福井県鯖江市河和田町生まれ
1995国立福井工業高等専門学校卒業
1995建設コンサルタント会社入社
1996父の病を機に家業を継ぐ 父(畠中昭一)に師事
2000「酒の器展」大賞受賞
2003「椀One大賞」優秀賞受賞
2004「日本民藝館展」入選
2005「日本民藝館展」入選
2007「越前漆器展覧会」福井県知事賞受賞
2010自身初の個展を開催 /博多 鈴懸
2014新工房・ギャラリーがオープン
2017京都 やまほんにて「飯碗と汁椀展」開催
2018京都 やまほんにて個展

中野知昭の作品一覧