古谷 宣幸 陶磁器 展

古谷 宣幸 陶磁器 展

EXHIBITION VOL.111: KYOTO YAMAHON

古谷 宣幸 陶磁器 展

会期 2020年1月31日(金)→ 2月19日(水)
開廊時間 11:00〜18:30
休廊日 木曜
作家在廊日 2月1日 (土)
場所 京都やまほん

Noriyuki Furutani: Pottery

Jan. 31 - Feb. 19, 2020
FRIDAY- WEDNESDAY 11:00 - 18:30
MAP: Kyoto Yamahon

滋賀県、信楽で作陶する古谷宣幸の展覧会を開催します。古谷さんは近年、窖窯(あながま)で天目を焼成することに成功し、独自の油滴と凛としたフォルムに定評があります。「天目」の語源は中国浙江省の北部、安徽省との境にある山の名。茶の産地と禅寺があることで知られ、わが国からの留学僧たちがここで使われていた容器を持ち帰ったことから定着したというのが通説。本展では新作の天目茶盌や花入、酒盃などに加え、土物の飯碗や向付けなどの器を展示いたします。薪の炎が作り出す結晶の美しさをどうぞご覧ください。

We are pleased to hold the exhibition of the potter, Noriyuki Furutani who is based in Shigaraki, Shiga Prefecture. Although it is hard to achieve Oil Spot Tenmoku, he has succeeded in firing it and other types of Tenmoku glazes in an electric kiln and Anagama kiln. The origin of the name “Tenmoku” is from a name of mountain which is located at the border of Northern Zhejiang and Anhui. It is known as the place which is famous for producing area of tea and Zen temple and it is said that the reason why it’s named is that Japanese priests brought back cups from the place. At the exhibition, the focus will be on his Tenmoku tea bowls, vases, and sake cups, yet he is also well known for his hand-thrown works, and some sake bottles and cups will be displayed as well. There will also be other works which could be used daily.


PROFILE

古谷宣幸 Noriyuki Furutani
1984年信楽生まれ
2007年アメリカ コロラド州 アンダーソンランチアートセンターにて作陶
滋賀県立 陶芸の森 レジデンスアーティスト
2008年デンマーク スケルツコーにて作陶
2009年岐阜県 土岐市 花ノ木窯にて作陶
オーストラリア シドニー New Friends Art and Adventure A Ceramic Art Exhibition 出展
2015年アメリカ・アンダーソンランチセンターにゲストアーティストとして招待を受け、 2ヶ月間、現地の陶芸家に日本での制作方法等を講義
◎うつわ京都やまほんにて個展
2012年 2014年 2016年 2017年 2018年 2019年
◎ギャラリーやまほんにて個展
2015年

古谷宣幸の作品一覧