津田清和 硝子の器 展のご案内

津田清和 硝子の器 展のご案内

Exhibition kyoto yamahon VOL.44

津田清和 硝子の器 展

会期 2014年11月1日(土)〜12月3日(水)
開廊時間 11:00〜18:30
休廊日 火曜
場所 うつわ京都やまほん
作家在廊日 2014年11月1日(土)

奈良県葛城市にて日常使いの硝子の器を中心に制作する津田清和の展覧会を開催致します。 大学在学中に友人と訪れた北海道で、職人がガラスを吹く姿を見たことがきっかけで、大学在学中から吹き硝子の教室に通い始める。硝子教室で作ることへの関心を深めた津田は、卒業後資金を貯める為に2年間サラリーマンとして食品メーカーに務めたのち、本格的にガラス作りの世界へ。10年の修業のうちに自分の作品の方向性を見つけ、2008年、地元奈良にて独立。 コルクと真鍮を使い自身で加工したボトルの蓋を会わせた瓶や、金属箔・石粉などを表面に施し、焼成することで硝子に独特な表情を与えた作品と津田の作品は多種に及びます。 「自分が感動出来るもの、きれいだと思うものを具体的に形にしている」という氏の言葉にあるように近年の作品からはその想いがようやく形や佇まいに表れだしたように感じられます。 ご高覧頂ければ幸いです。

The Exhibition of Kiyokazu Tsuda will be held at Utsuwa Kyoto Yamahon. He lives at Katsuragi City, Nara and makes glassware for everyday use.
When he was a university student, he went to Hokkaido on a trip with his friends and then, he saw a glass blower and he was so impressed by him. Because he couldn’t forget the scene, he started to go to glass making school and he got more interest in glass making at the school. After he had worked at a food manufacture to save up money for two years, he put himself to make glassware. He figured out the direction of his work after studying for ten years and he became independent in Nara in 2008.
He makes many kinds of works such as bottles with cork stopper brass attached that he made, and glasses metal foil or stone powder blown and fired.
As he says that he gives shape to what he’s impressed and thinks beautiful, we can feel his thought from his recent works.
We hope you’ll enjoy the exhibition.


PROFILE

津田 清和 kiyokazu tsuda
1973大阪生まれ
1997関西大学法学部学科卒業
2001EZRA GLASS STUDIO BLOW GLASS塾卒業
2002金沢卯辰山工芸工房ガラス工房入所
2005富山ガラス工房入所
2008奈良県葛城市にて独立
2012ギャラリーやまほん、うつわ京都やまほんにて個展