VOL.116_HIMUKASHI_EXHIBITION

ヒムカシ展

会期 2018年10月27日(土)〜 11月18日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
作家在廊日 初日 10月27日(土)
場所 gallery yamahon

EXHIBITION: HIMUKASHI

Oct. 27, - Nov. 18, 2018
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon


今展では東京目黒で洋服を制作するヒムカシの秋冬の新作を中心にご紹介いたします。今季、彼らが特に力を入れた「化学繊維」の生地は、米国を拠点とするアウトドア向け高機能ファブリックメーカーPOLARTEC社に依頼したもの。急激な環境変化にも対応できる素材をペットボトルや古着などのリサイクル原料を使いながら制作しています。元々得意としている国内の優れた製織技術を活かした多様かつ上質な「天然繊維」の生地も、カシミアを超える肌触りのウールやシルクのような光沢をもつ強撚コットンなどらしさは健在。両極端に位置する繊維をバランスよく組み合わせる事で、冬のお洒落をより快適にお楽しみ頂けるような工夫がされています。年々進化するヒムカシの服作りをどうぞご覧ください。  

PROFILE

東出 結城 Yuki Higashide
東出 麻里子 Mariko Higashide

1983 / 1984共に埼玉県で生まれる。
2002それぞれ文化服装学院卒業後、アパレルメーカーにパタンナー・デザイナーとして勤務する。共に流行を追いかけるファッション業界の体質に疑問を持ち、自分たちが見てきた製造現場に重きを置く服作りを考え始める。
2010目黒にてアトリエ兼ショップを構え「ヒムカシ」をスタートする。
政策は産地に赴き素材を作るところから始め、服飾設計(パターン)の技術を基本に組み立てる。
素材の特徴を引き出す目的から生まれる折り紙の様な簡易構造と誰の目にも楽しく映るデザインで、洋服のみなら眼鏡、靴、靴下まで幅広く展開。
◉2016 2017ギャラリーやまほんにて展覧会

ヒムカシの商品一覧

2018 SCHEDULE|ギャラリーやまほん

no.117_籠展11月23日(金)〜12月16日(日)
※ 上記日程は予定です。 予告なく変更する可能性もあります。