VOL.111_MASAO KOZUMI_EXHIBITION

小澄 正雄展

会期 4月28日(土)~ 5月13日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
作家在廊日 初日 4月28日(土)
場所 gallery yamahon

MASAO KOZUMI_Japanese Glass

APR 28 - MAY 13, 2018
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon


広い工房の片隅にシャボン玉のような硝子の球体が無数に積み上げられている。
それはひび割れなど型吹きの制作途中でできてしまった完成には至らなかった品々。

文字通りに「型吹き硝子」は吹き竿に取り付けた溶けた硝子を型に吹き込み成型する技法で
「吹き硝子」では出来ない繊細なラインの量産が可能となる。
皿は型底までしっかりと押し当てるようにして硝子を吹き広げると、型からはみ出した部分は球体状に膨らみ、
型に入った部分は皿となり、残りの部分はまた材料としてルツボに戻されて新たな硝子になるのだが、
小澄はその完成には至らなかった品々を工房の片隅に大切に保管しているかのように私には思えた。
きっと小澄はその未完の硝子を眺め、夢想していることだろう。

小澄の制作する硝子には凛とした形に併せ持った「寂」が感じられる。その「寂」が私の心の琴線を静かに弾いている。


In the corner of a large workshop, innumerable glass spheres that look like soap bubbles are piled up. It is pieces with cracks and other defects that happen during the blowing, items that did not reach the completion. “Mold-blowing” is a technique of blowing molten glass placed on the end of the blowpipe, then inflated into a carved mold. Delicate lines and textures that cannot be done with “blown glass” become possible.
When the dish is pressed firmly to the bottom of the mold and the glass is blown open, the part protruding from the mold bulges in a spherical shape, the part entered into the mold becomes a dish and the remaining part should normally returned to the crucible as a material to become a new product. But it seems that Masao Kozumi keep those parts in a corner of the workshop. I am sure that he will look at the unfinished glass pieces and dream about it. His works have a dignified shape combined with quiet simplicity. This quiet simplicity tugged at my heartstrings.

PROFILE

小澄正雄 MASAO KOZUMI
1979熊本県生まれ。
2001富山ガラス造形研究所を卒業。
2005〜富山県朝日町にて制作。
2015〜岐阜県に移住し、制作。

小澄正雄の作品一覧


2018 SCHEDULE|ギャラリーやまほん

no.112_梶なゝ子展5月19日(土)〜6月10日(日)
no.113_津田清和展6月16日(土)〜7月15日(日)
no.114_生活工芸展7月21日(土)〜8月19(日)
no.115_辻村唯展9月8日(土)〜9月30日(日)
no.116_ヒムカシ展10月6日(土)〜10月28日(日)
※ 上記日程は予定です。 予告なく変更する可能性もあります。