真木テキスタイルスタジオ展のご案内

2018.03.10 gallery yamahon 展覧会情報 過去の展覧会

VOL.110_MAKI TEXTILE STUDIO_EXHIBITION

真木テキスタイルスタジオ展

会期 2018年3月31日(土)~ 4月22日(日)
開廊時間 11:00〜17:30
休廊日 火曜
場所 gallery yamahon
作家在廊日 初日 3月31日(土)※午後のみ、4月1日(日)

EXHIBITION OF MAKI TEXTILE STUDIO

MAR 31 - APR 22, 2018
Wednesday- Monday 11:00 - 17:30
Map: gallery yamahon


自然素材と手の仕事

ガンガ(ガンジス川)の源流、ヒマラヤ山脈の裾野にある小さな村に建築された新工房[ Ganga Maki Textile Studio ]に昨年の冬に伺った。複数の棟からなる建築群がこの土地と一体となり、働く人、動物、植物とすべてが溶け込む光景。建物の設計を手掛けたのは敷地の造成から設計、施工といった一連の工程すべてを熟練工と手作業で行なう活動を特徴とする「スタジオ・ムンバイ」。中庭を囲むようにして配置された4棟の織り工房が建ち、さらにその織り工房を囲うように染め工房棟、食堂棟、住居棟、ギャラリー棟が配置される。そしてそのすべての建物が石や煉瓦、土などの自然素材で作られている。基礎にはこの土地から出た石などを手で積み上げ、石柱や屋根に使われた大理石もこのあたりの石が使われ、また壁には牛糞や石を砕いた顔料を混ぜた土が使われた。こうして約5年という長い歳月をかけ、検討を重ねてゆっくりと作られた建築は真木千秋の仕事と重なる。またこの工房の畑には染料となる藍や茜、マリーゴールドなども育てられ、今後は繭も育てていく予定だと聞く。日本ではすでに失われつつある物作りの在り方がこの場所で始まり出した。Ganga Maki Textile Studioの布は繭から糸を引き、植物などの染料で染め、織り機にかけて横糸を一本ずつ通して織り上げられる。自然物と手と時間で作られているこの軽やかな一枚の布に多くのメッセージが宿る。

Natural materials and handwork

In winter last year, I went to the new studio [Ganga Maki Textile Studio] built in a small village near the source of the Ganges River at the foot of the Himalayas. A group of buildings consisting of multiple buildings are united with the land; a scenery where workers, animals, plants and all melt into. The characteristic of Studio Mumbai, who designed the buildings, is to cariied out manually all of the processes from site preparation, design and construction by skilled workers. There are four weaving stations arranged to surround the courtyard. The dyeing factory building, the dining room building, the residential building and the gallery building are arranged so as to surround the weaving studio. All the buildings are made of natural materials such as stone, brick and clay. Stones was stacked by hand from the land and used for the foundations of the buildings. The marble for the stone pillars and the roof was also extract from the region. On the walls, clay mixed with cow dung and stone crushed pigment was used. The site that was built slowly after repeated reviews took the long period of about 5 years, same as Chiaki Maki work process. In addition, indigo, madder and marigold that become dyestuffs are raised in the field of the workshop. In a near future, it is planned to grow cocoons too. They try to produce themselves the material that they need, a way to produce handicraft that disappear more and more in Japan. Ganga Maki Textile Studio is drawing thread from the cocoon; dying it with dyestuffs such as plant, then waving it by passing each weft thread one by one through a weaving machine for making they cloth. Many messages carried by this light piece of cloth made of natural materials, hands and time.



PROFILE

真木千秋 CHIAKI MAKI
1979武蔵野美術短期大学にてデザインテキスタイルを学ぶ。
2004アメリカ・ロードアイランド造形大学にてテキスタイルを学ぶ。BFA(芸術博士号)取得。
1983中南米、東欧、アジア諸国を訪れ、染織を見て歩く。
1985ニューヨークにてフリーランス、テキスタイルデザインを手がける。
1989インドにて創作活動をはじめる。
1990東京・あきる野に真木テキスタイルスタジオを設ける。
1994セントルイス美術館、ミネアポリス美術館に作品所蔵。
1996〜10年間南青山にて真木テキスタイルスタジオショップを運営。
2000MOMAニューヨーク近代美術館Contemporay Japanese Textilesに出展。
2006あきる野市、竹林shopオープン。
2009北インド、デラドンにganga工房を立ち上げる。
2012スタジオ・ムンバイのビジョイジェイン氏設計の新工房建設プロジェクト始動。
2017新工房完成。
2011年 2014年 2016年にgallery yamahonにて展覧会を開催
2014年 2015年 2017年にうつわ京都やまほんにて展覧会を開催

真木テキスタイルスタジオの作品一覧